食事

【濃厚】ちょっと固め食感|かぼちゃプリン<材料4つだけ>

家庭菜園で育てたかぼちゃたち。今年秋みごとな実をつけ、収穫の時となりました。

4種類のかぼちゃ苗を植えた中で、バターナッツかぼちゃが際立って生育が良く、収穫数もダントツ1位。

スープ、温サラダ、団子等たくさんのかぼちゃ料理を作った中で、特に家族や親せきから大絶賛だった、「かぼちゃプリン」レシピを公開します!

さくらんぼ

生クリーム、牛乳不使用だから、乳製品アレルギーでも安心よ。

たま

ちょっと固め食感の、懐かしいプリンよ。

材料はたったの4つ

↑畑で収穫されたバターナッツかぼちゃたち。この4倍以上収穫できました!

<プリン液>
かぼちゃ 400g
卵    4つ
豆乳   300g
お砂糖  60~90g(お好みで加減してください)

<キャラメルソース>
お砂糖  50g
水    20g
お湯   大さじ1(キャラメル化をとめるため)

まずはキャラメルソース作り

<キャラメルソース手順>

①お鍋(フライパン)に砂糖&水を入れ火にかける(中火)

②かきまわさず、砂糖が茶色く変色するまでじっと我慢。

③キャラメルが茶色く変色し、煙が出始めます。火を止め、鍋にお湯を入れる。ジュッと大きな音がしますが、あせらずに。

↑このように煙が出始めたら完成の合図です。火を止め&お湯を入れ、これ以上焦げないようにしましょう。

④プリン型にキャラメルソースを流し込み、平らにする。

⑤キャラメルソースの粗熱が取れ次第、容器を冷蔵庫へ入れ冷やす。

かぼちゃプリン液作り

次はかぼちゃプリン液を作ります。

<かぼちゃプリン手順>

①かぼちゃの皮を良く洗い、縦半分に切る。お尻側の膨らんだところから切ると、切りやすいです。(種の部分が空洞なので、刃が入りやすい)

②縦2つに切ったら、中身の種をスプーンでかきだす。

③かぼちゃを3㎝角ほどの大きさに切り、皮を包丁でそぎ落とす。

④フライパンにかぼちゃを並べ、少ない量の水(約200ml)を入れ、蓋をして柔らかくなるまで蒸し煮する(約12分)。こがさないように注意してください。

⑤柔らかくなったかぼちゃをボールに移し、ハンドブレンダーでなめらかになるまでよくかくはんする。我が家の新しいアイテム、ブラウンのハンドブレンダーです。スープやお菓子作りに大活躍しています。

⑥別ボールに卵と砂糖を入れ、よく混ぜ合わせる(写真右側)。左側のボールは温めた豆乳です。

↑USDA承認のオーガニック豆乳です。コストコで購入。
↑こちらもUSDA承認のオーガニック砂糖。

⑦小鍋で豆乳を人肌(50度くらい)温める。

⑧たまご液の容器に温めた豆乳を少しずつ流し入れ、混ぜ合わせる。

⑨⑧の容器にかぼちゃペーストを入れ、よく混ぜ合わせる。このかぼちゃ卵液をザルでこしながら、キャラメルソースが冷え固まったプリン型へ流し入れる。

⑩150°に余熱したオーブンに、お湯を張ったオーブン皿を下段に置き、そこにプリン液が入った型を置く。プリン容器の上にアルミホイルをかぶせ、約60~80分蒸し焼きに。

⑪容器を手でゆすった時、中のプリンがプルプルと震えたら、出来上がりのサイン。オーブンから容器を取り出し、粗熱をとる。粗熱が取れたら、冷蔵庫で3時間以上冷やす。焼きあがるとこんな感じに黄色みが増します。

⑫プリンを容器から取り出すときは、型の側面に沿いながら刃の薄いナイフで一周し、皿へ盛る。懐かしい固め食感の濃厚かぼちゃプリンの出来上がりです。

手作りが一番おいしい

手作りの良さは、材料を吟味し、味付けも自分好みでできること。工場で大量に作られたスイーツには保存料や香料、摂取すべきでない「ぶどう糖果糖液糖」などの添加物がたくさん含まれています。

少しの手間はかかりますが、健康で安全な食事を心がけましょう。食事があなたの将来を左右するのだから。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。