アンチエイジング

【湯シャン5か月突破】頭皮のニオイとかゆみの効果的な解決策7選とは?!

湯シャンの最大デメリットと言えば、

  • ニオイ
  • かゆみ

湯シャン開始から5か月突破した経験者が語る、ニオイとかゆみの解決策7選を伝授します。

湯シャンをやる、やらない関わらず、この解決策を実践すれば、頭皮トラブルから解放まちがいなし。

頭皮のニオイとかゆみに悩まれている方、必見です。

頭皮のニオイ&かゆみ解決策7選とは

結論から申し上げます。

頭皮のニオイとかゆみの解決策7選は、下記のとおりです。

頭皮のニオイとかゆみの解決策7選
  1. 無添加シャンプー&リンスの使用(必要に応じて)
  2. 髪をしっかり乾かす(ヘアードライヤーの使用必須)
  3. こまめなブラッシング
  4. バランスの良い食事
  5. 中程度の運動
  6. 6時間以上の睡眠
  7. ストレスマネージメント

合成界面活性剤まみれのシャンプー&リンスを長年使い続けると、湯シャンはかなりキツイもの。覚悟が必要です。

そして湯シャン最大の敵は、「ニオイ」と「かゆみ」。ニオイとかゆみを克服しなければ、湯シャンは語れません。

必要に応じて、無添加シャンプー&リンスの使用

湯シャンを経験してわかったこと。

ノーシャンプーによる「かゆみ」や「ニオイ」が解消するまでは、少なくとも半年以上かかる。その前にほとんどの人が挫折する。

ニオイとかゆみとの戦いが、少なくとも半年以上続く。これは長い道のりです。特に夏の開始を経験した筆者にしてみれば、なおさら。

たっぷりのお湯で丁寧なシャワーや湯の温度を調整、頭皮マッサージなど、いろいろ試しました。しかし、抜本的な解決策が見つからない。

4か月は完全ノーシャンプーをやり通しました。湯シャンは手軽で、髪の状態も良く気に入っています。しかし家族からニオイをたびたび指摘され、とうとう断念。やむを得ずシャンプーを再開することに。

湯シャンの目的は健康な髪&頭皮のため

湯シャンの目的は、「健康な髪」と「健康な頭皮」湯シャンを続けることが目的ではありません。

湯シャン期間中であっても、ご自身の頭皮のニオイやかゆみに応じ、シャンプーをしましょう。シャンプーの頻度は状況を観察しながら、加減すればよし。みんなに合わせる必要はありません。

たま

状況は人さまざま。自分にあったやり方を見つけて!

シャンプーがなんでもいいわけではありません。世の中には無数のシャンプーが存在していますが、どれを選べばいいのでしょうか?

頭皮の健康を気にしているのであれば、シャンプーもこだわりましょう。

おススメは、完全無添加のシャボン玉石けん!

シャンプーを始めるにも、せっかく4か月もノーシャンプーでがんばったのだから、妥協はしたくない。書籍やネットで調べた結果、シャボン玉石けんを試すことに。

これこそ、「ザ・無添加シャンプー」と言うべき商品。水と石けん成分のみでできている究極のシャンプー

シリコン・合成ポリマー・香料・着色料・酸化防止剤・合成界面活性剤不使用!

そもそも湯シャンを始めたきっかけは、健康な頭皮&毛髪を目指したため

4か月のノーシャンプーにより、多少なりとも頭皮が健康になっているはず。だから、使用するシャンプーは頭皮&毛髪に害のないものが必須。

添加物だらけのシャンプーは、不健康な髪のループに再度迷い込んでしまう。

添加物入りのシャンプーが髪に与える影響とは、
  • 防腐剤が頭皮の健康に必要な常在菌を殺してしまう
  • 界面活性剤が必要な皮脂さえも根こそぎ落とす
  • 皮脂が取られすぎると、頭皮が乾燥
  • 乾燥した頭皮を守ろうと、過剰な皮脂が分泌される
  • 過剰な皮脂が酸化し、ニオイやかゆみの原因に
  • ニオイやかゆみを解消したく界面活性剤入りのシャンプーをする
  • この繰り返し

良かれと思って使っているシャンプーが、必要な常在菌を殺したり、根こそぎ皮脂を洗い落とす。その結果、ニオイやかゆみの原因になっているのです。

その点、シャボン玉石けんシャンプーの洗浄成分は、「石けん」のみなので、皮脂を優しく取り除いてくれます。

シャボン玉石けんシャンプー最大のメリット
  • 洗浄成分が石けんのみなので、皮脂を摂りすぎない。
  • 洗髪しても頭皮に必要な皮脂や常在菌を残し、地肌をすこやかに保つことができる。
  • フケ、かゆみ、ニオイ、べたつきなどの頭皮トラブル予防効果あり。

こんなシンプルなシャンプーを使うのは生まれて初めて。使ってみたとき、面くらいました。長年使ってきたシャンプーとは、全くの別物。

シャボン玉石けんシャンプーを使った感想
  • シャンプーの楽しみ、ワクワク感はありません。
  • 子供の頃使ったことのある「石けん」を思い出す。
  • シャンプー自体のニオイが、ボンドに似ている(香料が一切入っていない。石けん本来の香りのみ)
  • 泡立ちが少ない。
  • すすぎがとてもラク。
  • 従来のシャンプーで感じていたヌルヌル感が全くない。
  • 洗髪後のキシミ感が気になる。
  • 従来のシャンプーを長年使用し続けると、物足りなさを感じてしまう。

石けんシャンプーの良さが伝わりにくいと思います。私も慣れてしまった従来のシャンプーと大きく異なるので、戸惑いがありました。

しかし、石けんシャンプー続行を決心。なぜなら、髪や頭皮にとって石けんシャンプーがベストだからです。

  • 頭皮・毛髪のトラブルは、洗いすぎによるもの。
  • 皮膚科専門医師によると、石けんシャンプーが髪にとってベスト。

専用リンスとのセット使いがおススメ

湯シャンのハードさを経験済なので、シャンプー後のキシミ感など、大した問題ではありません。

  • シャボン玉石けんシャンプーのキシミ解決策として、専用リンスとの併用が必須!
  • 専用リンスが、石けんシャンプーでアルカリ性に傾いた髪を中和し、より指通りをよくする役割があります。
  • 市販のリンスは使わないようにしましょう。

この専用リンスを使った後、ドライヤーをかける前までは、キシミ感続行中。

しかし、ドライヤーをかけると、あら不思議。

専用リンスを使った感想
  • 髪のしなやかさがよみがえってくる。
  • シャンプーのキシミが嘘のように消えていく。
  • 髪がサラサラになり、指通りが良い。
  • 頭皮もすっきり。
  • 髪の毛がしっかりまとまる。

もともと乾燥髪で膨張しやすいのが悩みでした。しかし、シャボン玉石けんシャンプー&リンスのセット使いですと、髪がまとまるのです。

さくらんぼ

髪の乾燥が気になる時は、「白色ワセリン」がおススメ。酸化しずらく、湯シャンでも落ちるから安心して使えるわ。

髪をドライヤーでしっかり乾かす

ドライヤーでしっかり頭皮&毛髪を乾かしましょう。自然乾燥はニオイやかゆみの原因となります。「髪のため」と思いきや、自然乾燥は雑菌を増殖させ、髪のトラブルを招きます。

ドライヤー時のポイント
  • 頭皮を乾かす感覚で、ドライヤーの風を毛根付近にあてる。
  • 頭皮から30㎝程離して、ドライヤーを使用。
  • 傷みやすい毛先は直接ドライヤーの風を当てない。

こまめなブラッシングが必須

健康的な頭皮&毛髪には、こまめなブラッシングが必須です。ブラッシングすることにより頭皮の血行が促進され、適度な皮脂分泌が促されます。また、頭皮や毛髪の汚れが落ちやすくなります。

シャンプー&リンスにこだわっているのだから、ヘアーブラシにもこだわりたい。イノシシ毛&豚毛をバランスよく含んだ日本製のヘアーブラシ。お値段は少々高めですが、安心安全の高品質ヘアーブラシです。

湯シャンと相性が良いミラブルがおススメ

TVや雑誌でもよく目にする「ミラブルのシャワーヘッド」。初めてCMを見たとき驚愕したことを覚えています。

サイエンス ミラブルplus

毛穴の100分の1以下の小さな気泡が毛穴の中の汚れはもちろん、 肌の隙間の汚れを洗い流す優れもの。 実際に製品を使われたほとんどの方が効果を実感。

サイエンス ミラブル使用者の感想例
  • 「肌がスベスベになる」
  • 「肌がツルツルになる」
  • 「肌がもっちりする」
  • 「肌に透明感が出る」
  • 「肌が明るくなる」
  • 「肌に潤いがある」
  • 「肌のトラブルが減る」
  • 「髪がツヤツヤになる」
  • 「体臭(加齢臭)がなくなる」

5年延長保証付きで、購入日より30日間返品が保証されているため、万が一商品を満足しなかった場合も安心です。

美髪にはバランスのよい食事

どんなに頭皮と毛髪に優しいシャンプーやシャワーヘッドを使っても、食事がお粗末であれば、本末転倒。

食事は、健康のかなめです。

頭皮や毛髪は、たんぱく質からできています。たんぱく質が体内で吸収され、運搬されるには、ビタミン&ミネラルが必要。食事は何か一つの食材だけを食べればいいものではなく、バランスが大切。

日本人が長年慣れ親しんできた「まごわやさしい食材」が一番のおススメです。日本人の腸内環境になじみやすく、万人向けの食材。

まごわやさしい食材についての詳しい記事はこちらからどうぞ。

食材選びの際には、残留農薬、食品添加物にも十分注意を払いましょう。

湯シャンには中程度の運動がおススメ

湯シャンによる美髪を目指しているのであれば、運動も必須です。中程度の運動がよし。

「中程度の運動ってどんな感じ?」と、疑問がわきますよね。体力や感覚は個人差があるので難しいところです。しかし、文字化すると、

運動の目安とは
  • 苦しすぎず、ラクしすぎず
  • 運動中軽い会話ができる強度
  • 中程度の筋トレ&有酸素運動を楽しみましょう

運動は健康に良いという事は疑いもない事実。ただ、運動のやりすぎは、体にダメージを与えることも事実。強度の運動は、活性酸素が大量に発生し、細胞を傷つけます。活性酸素は、老化を加速させるため、避けたいもの。

加齢に伴う筋肉減少を食い止めるには、筋トレが一番。そして、筋トレ後の有酸素運動が脂肪燃焼を促し、血行も促進。美髪にもってこいです。

筋トレ X 有酸素運動のかけ合わせが髪の健康によし

美髪には、6時間以上の質の高い睡眠

睡眠は健康の土台の一つです。日本人は世界的に見ても睡眠時間が少なく、懸念の一つ。

美髪に質の高い睡眠と聞くと意外に感じるかもしれません。しかし、睡眠はあらゆる健康のベースです。睡眠中に私たちの体は作られ、修復します。つまり、健康な毛髪育成には睡眠がとても重要ということ。

オートファジー&「まごわやさしい」のダブルダイエットのやり方を詳しく解説。美髪を手に入れましょう。

美髪にはストレスマネージメントが大切

過度なストレスは、健康をむしばむやっかいもの。ストレスによるホルモンバランスの乱れが、頭皮のニオイやかゆみの原因に。

過度なストレスがかからないように、日ごろから注意が必要です。ストレスの耐性は個人差があるので、自分がストレスと感じるものを避けるようにしましょう。

運動がストレス軽減に役立つと感じるのであれば、日頃より運動をする時間を生活にとり入れる。また、読書が楽しいのであれば、読書の時間を作る。

1日のうち、必ずどこかに自分の好きな時間を入れましょう。

さくらんぼ

時間は作るもの!自分が楽しいと感じる時間を大切にしてね。

本日のまとめ

髪のニオイとかゆみについて解説しました。美髪を目指すのであれば、体が健康になることを目指せばよい。健康であれば、頭皮や髪もすこやかになる。

湯シャン推進派ではありますが、一年365日すべてを湯シャンにする必要はありません。必要に応じて、髪と頭皮に優しい石けんシャンプーで洗髪してあげることが髪のケアーになります。シャンプーの頻度はご自身の頭皮に応じて決めましょう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。