人間関係

【人間関係】人から好かれる方法:話しかけたくなる人の特徴7選

「なぜかあの人の周りには、人が集まっている」
「あの人はいつも楽しそうにみんなとおしゃべりをしている」
「私もあの人と話してみたい」

と、なぜか気になる「あの人」。あなたの周りにもいませんか?

もし、あなたが今までに周りの人から「ちょっと話しかけにくかった」などと言われた経験があるのならば、ぜひこの記事を読んで、人生を180度変えてみませんか?

人から話しかけられる人生の方が、何倍も楽しく、いろいろなチャンスも訪れやすくなります。

そして、「話しかけたくなる人」になるのは、あなたが想像している以上に簡単なのです。

では、一緒に「話しかけられる人の理由7選」を学んでいきましょう!

話しかけられる人には理由があった!

本日の記事は、有川真由美氏著書の「なぜか話しかけたくなる人、ならない人」をベースにまとめてみました。もっと詳しい内容を知りたい方は、下記書籍をぜひどうぞ。読みやすく、面白い内容でした。

なぜか話しかけたくなる人、ならない人 [ 有川 真由美 ]

簡単に言うと、話しかけられる人には

  • あたたかい雰囲気
  • 一緒にいて心地よいオーラ
  • いつも微笑んでいる表情
  • 安定した言動、包容力 など   

周りの人が「ありのままの自分で接しても大丈夫」と思わせる安心感を備えているのです。

では一体、この安心感はどこからきているでしょうか?

話しかけられる人は、肯定的な言葉が多い

  • 「それは困る」✖→「そういうこともあるよね」◎
  • 「面倒くさい」✖→「ちょっと手間がかかるけど、大丈夫」
  • 「いいね」「たしかに」「ありがとう」「よかった」◎

など、話しかけられる人は、日ごろからポジティブな言葉を多く発しています。

人は、否定されたりすると傷つくもの。いつも肯定的な発言をし、受け入れてくれる相手に私たちは惹かれます。

自分を理解してくれる人に、人は好意を持ち、また、その人ともっと話をしたいと思うのです。そして、その理解者に対して、「何かをしてあげたい」「助けてあげたい」とも思うようになるのです。

だから、ポジティブな言動の人は、同性からも異性からも好かれるのです。

さくらんぼ

ポジティブな言動は自分に戻ってくるのね!

ゆっくり丁寧な言動

  • 「話を聞いてくれる人」は、「話しかけやすい人」でもあります。

人は、自分の話を聞いてくれる人が大好きです。なぜなら、誰もが人間関係の中で、「自分のことをわかってほしい」と思っているから。

子供やご年配の方に話しかけるように、ゆっくり丁寧に話し、動きも丁寧なふるまいをしましょう。

また、話しかけてくる相手に「あなたの話ちゃんと聞いていますよ」という態度を示します。体と視線は相手に向け、プラス感情を乗せたあいづち。

  • 「わあ、すごいですね」「いつも素敵ですね」など
  • ポジティブな感情で相手を褒めましょう
  • ゆっくり丁寧な言葉と態度で

逆に、早口で行動がガサツな人は、周りに緊張感を与えてしまいます。これでは周りの人はリラックスすることができません。

顔を上げ、視線は周りの人へ配る

  • スマホばかりいじって、下ばかり視線を落としていませんか?

これでは、「話さないでオーラ」があふれ出し、誰もあなたに話しかけることができません。大人でも「私、人見知りなの」と公言する人を何度か見かけたことがありますが、これは、コミュニケーションの努力を放棄した態度です。少々大人気ないですね。

顔を上げ、視線を周りの人へ向ければ、誰かと自然に目が合うはず。そうしたら、チャンス!「ニコッと笑顔」のプレゼントを相手に贈りましょう。会話がスタートすること間違いなし。

さくらんぼ

下向きの視線=「話しかけないでオーラ」よ!

下記の記事では、どんな人ともすぐ楽しく話せる「雑談力」のつけ方を解説しています。あわせて読めば、コミュニケーション力アップ間違いなしです。
  ↓ ↓ ↓ ↓

【雑談力】即実践できる!雑談力スキルアップ7選伝授!初対面の人、遠い親戚、ママ友との会話に困った経験ありませんか?実は、たった7つの基本ルールだけで、どんな人とも楽しく会話ができるのです。この記事は「雑談の達人」への簡単なステップや実践編を詳しく解説しています。いい人間関係に囲まれ、人生がより豊かになること間違いなしです。 ...

相手の話の引き出しを開ける

人から話しかけられる人は、話題が豊富な人ではありません。大切なことは、

  • 相手の引き出しから、あれこれ話題を見つけ出す力

良い例が、お笑い芸人の「明石家さんま」さんです。

さんまさんは、一方的に自分自身のことをペラペラしゃべっている訳ではありません。

  • 彼は前のめりの姿勢で、話を聞こうとする態度を前面に出しています。
  • そして、相手が発した言葉に「うわー!おもろっ」「ぎゃー」など感情を乗せていくのがとても上手。
  • 相手の引き出しから、あれこれ話題を出してあげているだけ。
  • 相手が好きなことに注目し、相手との共通点にチャンネルを合わすだけ。

それだけでいいのです。あなたに豊富な話題を考える必要はありません。

自分のダメな部分を笑ってさらけ出す

あなたは完璧である必要はありません。逆に、

  • 自分のダメ出しができるぐらいがちょうどいいのです。

この自分自身のダメ出しの基準は、「自分で笑い飛ばせる欠点」であること。

本人が笑えない欠点では、他人も笑えません!周りの人もリアクション困りますよね。話も続かなくなってしまいます。

欠点をさらけ出せる方が、親しみも沸きますし、周りもあなたを応援したくなるのです。

ふたことで返事を返す力

会話を続けさせる技法として、「はい/いいえ」で答えられる質問は控えましょう。

  • 「天気いいですね」と一言で終わらせない。
  • これだと、相手は、「はい、そうですね」で終わってしまう。
  • 「今日はいい天気ですね。どこか出かけたくなりますね。最近どこか行かれましたか?」と相手に質問をする。
  • 相手は、「ほんといい天気ですね。実は、先日〇〇へ家族と一緒に行ってきたんですよ!」と話が続いていく。

このように、相手との話が続く会話を心掛けましょう。

また、自分が答えるときもコツがあります。それは、

  • 「事柄」より「感情」を言葉で返す

つまり、聞いている側が「何に焦点をあてるか」で話の方向性が変わってくるのです。例えば、相手の話が、

  • 「会社の健康診断で、ひっかからないか心配でした」に対して
  • 「会社で健康診断があったんですね。」✖
  • 「再検査になると面倒ですよね」はNG✖
  • 事柄(健康診断や再検査)に焦点をあてている
  • 「再検査にならなくて良かったですね」◎
  • 「結果がわかるまでドキドキですよね」◎など
  • 相手の感情に対しての言葉を返すのがGood!

相手の感情に寄り添うように心がけましょう。

普段から自分の思いを口にする習慣をつける

話のきっかけは、「ふと感じたことのつぶやき」程度でOK。

  • 今日は暑いですね。
  • あ!きれいなお花!

などで十分。思ったことをつぶやく。まるで子供のように。

その時、相手に視線を向け、会話のきっかけを作りましょう。万が一、相手からの返事がなくとも、気にしない。独り言ですませばいいのです。

このように、普段から気軽に声を発していると、周りの人は「この人は話しかけやすい」と思ってくれるようになります。ここが重要なのです。

本日のまとめ

話しかけたくなる人の特徴7選を解説してみました。どれも、納得いく内容で、しかも実践しやすいものばかりだと思います。周りの人から「話しかけにくい」と思われるより、「あの人と話してみたい」と思われる方が、人生ずっと楽しくなります。

一度きりの人生。いろいろな考えの方と交流を深めることによって、あなたの人間味も増し、もっと魅力的になることでしょう。

人生100年と言われる時代になったからこそ、これからの時代は、コミュニティーに属し、社会の一員という自覚がより大切になると予想しております。

とは言っても、人間関係の構築は一朝一夕というわけにはいきません。毎日の積み重ねが必要です。上記7選を頭の片隅に置いて、日々を楽しんでいきましょう。

今日も最後までありがとうございました。