人間関係

【雑談力】即実践できる!雑談力スキルアップ7選伝授!

初対面の人、ママ友とのどうでもいい会話、久しぶりに会った親戚など、「ビミョウな関係」の人たちと話さなくてはならない状況。

つらいですね。皆さんが「苦手だな」と感じる理由はさまざま。

「何を話していいかわからない」
「沈黙が苦手」
「気を使うから疲れる」など。

実は、こういう場面でこそ、あなたの「雑談力」で簡単に切り抜くことができるのです!

  • 「雑談力」があれば、もっと人づきあいがラクになり
  • どんな人とも楽しい会話ができる
  • あなたはみんなの人気者になり
  • 仕事の場面でも大きな取引を依頼されるかもしれません
さくらんぼ

雑談力=人間力よ!

「雑談力」は、人生を豊かにしてくれる魔法のスキルです!

でも、こんな魔法のスキルを身につけるのは、難しそうと思っていませんか?

心配無用!実は、たった7つのルールでグーンとあなたの雑談力はアップします。

この記事では、雑談力の鍛え方をどこよりもわかりやすく伝授しています。どうぞ最後までお付き合いください。

本日の記事は、五百田 達成著(いおた たつなり)「超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける」を基に作成しました。詳しく本書を読まれたい方は、こちらもどうぞ。
  ↓ ↓ ↓ ↓

超雑談力 人づきあいがラクになる 誰とでも信頼関係が築ける (五百田達成の話し方シリーズ)

雑談の定義

まず初めに、「雑談とは何か?」という定義をお伝えします。雑談とは、

  • ビミョウな関係の人と
  • 適当に話しながら
  • なんとなく仲良くなるための
  • とても繊細な会話方式 のこと。

「親しい友人との気を使わない楽しいおしゃべり」や、「仕事関係の会話」とは質が違います。

なので、雑談は、難しく多くの人が失敗しがちになるのです。

では、どうしたら雑談が上手にできるようになるのでしょうか?こたえは、

雑談に適した「雑談ルール7選」を習得すればよい!

それでは、本題の「雑談ルール7選」を一つ一つていねいに解説していきます。

雑談の基本ルール7選

今からお伝えする「雑談の基本ルール7選」を押さえるだけで、雑談が格段と上手になります!このルールは、皆さんが苦手としている

  1. 話し方
  2. 聞き方
  3. 沈黙の対処法
  4. 話しの切り上げ方

完全網羅版です。これさえマスターすれば、あなたも今日から「雑談の達人」。

では、まず最初に「話し方」について詳しく掘り下げてみましょう。

会話のラリーをするのみ

勘違いしていませんか?雑談を盛り上げのに、「面白い話(内容)」が必要だと。

  • 実は、雑談に大切なのは、「内容」ではなく、「ラリー」です。
たま

雑談は、会話が続くだけでいいのよ!

そもそも雑談の目的は、

  • 「会話を通して、お互いの警戒心を解き、スムーズで円滑な人間関係を築く」

ことです。雑談ラリーさえすれば、人と簡単に仲良くなれます。話す内容なんて関係ないのです!

では、ラリーを続けるのにどうしたらよいのでしょうか?

気持ちのやり取りをする

雑談では、

  • 「情報交換」ではなく、「気持ちのやり取り」が大切!

間違えないでください!「情報交換」は、あなたが欲しい「いい人間関係」を遠ざけます。

なぜなら、人は気持ちを伝えることにより、お互いの気持ちが近づくからです。「喜怒哀楽」の感情を相手に伝えるラリーをし、仲良くなりましょう。

「自身のエピソードや経験談+感情」をセットで話す

「How to 本」でよく述べられる、会話おススメトピック:「時事ネタ」「ニュース」などの話題は一切不要です!

  • 自身の身近なエピソードを主に話せばいいのです。自分の気持ちも一緒に添えて!

雑談には、「時事ネタ」「ニュース」は逆効果!

  • 人は「自身のエピソード」が一番話しやすい
  • 感情移入がしやすく
  • 感情のやり取りがスムーズになり
  • より相手と仲良くなれる

簡単ですね!一旦ここまでをまとめてみますと、

雑談のトーク力には、気持ちのやり取り(ラリー)が必要で、「自身のエピソードと感情」をセットで話をしていきましょう!

次からは、「聞き方編」を解説します。

肯定して共感するのみ

雑談は人間関係の構築が目的でしたね。自分の事を話す分、「相手の雑談もキチンと聞く」ことも大切なルールです。

その時の注意点として、

  • 相手に「結論やオチ」を求めない!
  • ひたすら、「会話のラリー」を続け
  • 「相手が自分の気持ちを楽しく話せるように」
  • 集中して相手の話を聞いてあげましょう!

雑談では相手の話が多少間違っていたり、意見が違っていても訂正してはいけません!ただ相手の話を受け止め、共感するのみ。

人は肯定されると、もっと自分の気持ちを打ち明けてくれます。「気持ちのラリー」をとおしてより親しい人間関係を築けるのです。

雑談には、「否定」と「アドバイス」は厳禁!

人は相談するとき、

  • 「すでにその人の中で答えが出ている」が常識。もしくは
  • 「答えが出ていなくても、ただ単に話を聞いて欲しいだけ」
  • 相手は、あなたのアドバイスを求めていません!

あなたが共感するだけで、相手は気持ちよく会話を進めることができるのです。

では、「共感」ってどのようにしたらよいのでしょうか?

共感方法:語尾に「〇〇よね!」をつけるだけでOK!

これだけで、共感口調になります!かんたんですね!例えば、

  • 「かわいいよね!」
  • 「楽しいよね!」
  • 「つらいよね・・・」など
  • 語尾に「よね」を付ければ簡単に「共感口調」ができます

また、オウム返しも最強です。これは、ただ単に聞いた「単語」を繰り返すだけ済みます。

  • 「最近おいしいケーキ屋見つけたの」→「ケーキね!」
  • 「表参道にあるお店なんだけど」→「表参道!」など
  • 相手が言った単語をリピートするのみ

大げさなリアクションで一緒に楽しむ

相手が話している間は、

  • 「手をたたいたり」
  • 「表情豊かに笑う」などをして相手に
  • 「ちゃんとあなたの話を聞いています」をアピールしましょう

「話を盛り上げなくては!」なんて気負う必要はありません!「ちょっと手を抜く」感じでいいのです。あなたがリラックスしていれば、相手もリラックスできます。リラックスした方が会話も弾みます!

では、万が一恐怖の「沈黙」が来たらどうしたらよいのでしょうか?

沈黙時は、「自分に近い話題」に引き戻す

  • 沈黙は、「会話のペースを落としなさい」というサインです。

沈黙に恐れず、

  • ゆっくりと
  • 声のトーンを抑えて
  • 「自分のエピソード+感情」に引き戻しましょう

自分に近い話の方が、話は尽きませんし、会話のリレーがしやすいのです。

ではこの辺で「会話の切り上げ方」をお伝えします。

腹八分目で切り上げるのがちょうどよい

関係を程よい距離でキープするためにも、

  • 「ある程度のところで切り上げる」ことも大切なルールです

切り上げ方はかんたん!「今まで学んできたことの真逆のことをする」のみ!つまり

  • 自分の気持ちを話さない
  • リアクションを抑える
  • 話をさっさとまとめ
  • そして、去る

最後に必ず「ありがとうございました」とお礼を言って別れましょう。

これが、「雑談基本ルール7選」となります。これさえマスターすれば、あなたも今日から「雑談の達人」です!

  1. 会話のラリーをする
  2. 気持ちのやり取りをする
  3. 「自分のエピソーや体験談+感情」のセットで話す
  4. 肯定して共感するのみ
  5. 大きなリアクションで一緒に楽しむ
  6. 沈黙時には「自分に近い話題」に引き戻す
  7. 腹八分目で切り上げる

次からは、「初対面の人と会った時の実践編」へ進みます。今まで学んできた基本ルール7選とあわせて使ってみてください。

初対面の人と話す雑談編

初対面の人と話すときが一番緊張する瞬間ですよね。相手の名前も知らなければ、性格、仕事など相手の情報がゼロ状態。

初対面の場面、何から始めればよいのでしょうか?

最初のあいさつ

まず最初の切り出しは、あいさつですね!

最初のあいさつは、「はじめまして、〇〇と申します」「ご無沙汰しております」なんてかしこまって言う必要はありません。

ただ、「こんにちは、〇〇です!」と、明るくあいさつをするだけで十分。明るいあいさつをするだけで、その場の空気がパッと明るくなり、会話のリレーがしやすくなります。

何度でも自分の名前を名乗る

自分の名前は何度でも名乗りましょう。

初対面だろうか、2回・3回会った相手だろうか、全くかまいません。「〇〇です!」と元気に名乗ることで、相手があなたの名前をしっかり覚えることができます。

しかも、相手も自分の名前を名乗りやすくなり、あなたも相手の名前の確認ができます。一石二鳥ですね。

最近ハマっているものを尋ねる

「趣味は何ですか?」

なんて野暮ったく質問しないでください。それより、

「最近ハマっているものありますか?」の方が、答えやすいですね。

こたえも気軽に、

  • 先週末の出来事や
  • 今週末の予定

などを話せばいいのです。かしこまる必要はありません。常にリラックスを心がけて!

「過去・未来・現在」に沿った話題選び

話題の選び方は、「過去・未来・現在」の時系列に尋ねると話が続きやすくなります。相手の知らないことがあれば、この時系列で聞けば、質問もしやすくなります。

相手も自分の時系列なので、答えやすく、話が盛り上がります。

主導権は常に相手に

会話の主導権は、相手に握らせてあげましょうあなたは、自分のことを多く語る必要はありません。

あなたは大きなリアクションで、相手の話をくだけでいいのです。

さくらんぼ

相手が7割、自分は3割程度がちょうどいいわね!

最後に「イヤミを言われたり」「答えるのに困る質問を受けた」場合の対処方法を解説します。

困ったときの対象法は、笑顔で「ありがとうございました」

ズバリ、笑顔で「ありがとうございました」と言って強制終了!

答えるのに困ったときは、反論する必要はありません。強制終了すればいいのです。

また、他の人がいる場合は、会話の矛先を別の人に向けるのも手です。

たま

「ありがとう」は最強のことばね!

本日のまとめ

「雑談力7選」を理解していただけましたでしょうか?

  1. 会話のラリーをする
  2. 気持ちのやり取りをする
  3. 「自分のエピソーや体験談+感情」のセットで話す
  4. 肯定して共感するのみ
  5. 大きなリアクションで一緒に楽しむ
  6. 沈黙時には「自分に近い話題」に引き戻す
  7. 腹八分目で切り上げる

雑談力には、有名司会者のように豊富な知識、対応力、まとめ上げるスキルなど一切不要です。

  • ただあなたは「潤滑油」としてその場を和ませればいいのです。

「平和な空気」が流れるところに、人は集まってきます。あなたの周りに人が集まり、会話を通してあなたはより雑談力を上げる。そしてあなたはより人気者に。

  • 良い人間関係は「食事、運動、睡眠」同様、人が豊かに生きるためにとても大切なもの。

「人との会話が苦手だな」と思っている人は、ぜひ「雑談基本ルール7選」をトライしてみてください。まずは手始めに、家族との何気ない会話からこのルールを実践してみてはいかがでしょうか?

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。